ヴァイブレーショナルレインドロップ

ボランティア犬講習会

こんにちは。

もう9月ですね。

とはいえ台風一過、東京はまた夏のような暑さが戻ってきています。

台風の風や高潮で大阪や神戸では浸水被害が多かったとのこと。

岡山・広島もまだ復興途中というのに、自然の力を思い知らされます。

 

さて、先月のお話ですが、

くおんとボランティア犬の講習会に参加してきました。

 

「ボランティア犬」て何の?

といいますと、

今「プロボノ」というボランティア活動に参加させていただいております。

そこで「NPO法人シェアドックスクール」さんの活動が

もっと沢山の方に知っていただくにはどうしたらよいか?

ということを考えていくチームに参加しています。

 

シェアドックスクールさんは、

犬を飼えないけど犬が大好きな子供達に笑顔になってほしい、

動物とのふれあいを通して、犬のことや命の大切さを知ってほしい、

という想いを持って活動されている団体さんです。

 

実は私も小さい頃はうちでは犬を飼えなかったのです。

親戚の犬を見に行ったり(この子は他人が苦手な子で触れせてもらえなかったなあ)

お散歩に一緒に連れていってもらったり、

近所の犬を見に行ってうっかり噛まれたり(←昔はこんなこと日常茶飯事でした(笑))

それでもめげずに犬が好きだった、犬を飼うのが夢だった子供でした。

だからそういう活動は子供にとっては嬉しいなあ、と思いました。

 

セラピー犬という存在が活躍するのは、「動物介在療法」というもので、

例えば高齢者の介護施設やホームなどへの訪問や、もっと高度になると小児病棟での

入院している子供達に対するセラピー活動が主にあげられます。

それぞれセラピー犬になるにはそれ相応の長期的なトレーニングが必要ですし、

犬の適性もあります。もちろん人間の方にも知識や実践が必要です。

 

そう言われると、なんかちょっと難しそうですよね。

私も、そういう活動に興味がありながらも、

そのハードルの高さに遠巻きに見ていました。

くおんとおもちゃのライオンちゃんの図
遠巻きってこんな感じ?

ですが、シェアドックスクールさんでは

もっと気軽に、子供達と触れ合うのが平気な犬達と飼い主さんに、

ボランティアとして集まっていただき、

子供と犬が触れ合う場所を提供したいということで、

ボランティア犬に興味がある人向けに講習会を開催しています。

 

今回は「写真撮影」でした。

 

子供のみならず、大人も犬好きだと犬の写真を撮りたい!

犬と一緒に写真を撮りたい!と、思うことありますよね。
(むしろ大人が)

シェアドックスクールさんのイベントでもワンコと写真撮りたいというご要望もあり、

そういうわけで、写真に撮られるのに慣れる機会を、という講習でした。

こうしたらスマホでいい写真が撮れるよ、というレクチャーもありましたよ。

トレーナーさんの誘導で目線をカメラに!
トレーナーさんの誘導で目線をカメラに!
必死の飼い主!冷静な犬!
必死の飼い主!冷静な犬!
プロカメラマンさんに撮っていただくとこうなる!
プロカメラマンさんに撮っていただくとこうなる!
くおんのこの首の角度!女子力高し!
くおんのこの首の角度!女子力高し!

今回は親ばか炸裂する講習でしたが、

他にも「他のワンちゃんとの接し方を見てみる」講習会や、

「人に対してのワンちゃんの行動を見る」講習会もあります。

 

ちょっと興味はあるんだけど、

うちのコだとどうかな~と思っている方にはとてもいい機会だと思います。

参加したからと言って、必ずシェアドックさんに登録しなければいけない、

ということはないので、お気軽に参加できますよ。

★シェアドックスクールさん★

<ブログ>
https://ameblo.jp/inutamadoglife/theme-10096396802.html
<フェイスブックページ:イベントの詳細はこちら>
https://www.facebook.com/sharedogschool/

いつもお読みいただき ありがとうございます(^^♪

 

☆人と動物の笑顔のために☆

クオンタムール・QUONTAMOUR

アニマルクリスタルヒーリング

アロマ音叉ヒーリング

耳ツボ音叉療法1day講座

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.