ヴァイブレーショナルレインドロップ

音叉は届かないところに届く

こんにちは🎵


昨日は来月に迫ったカナダ研修の前に、

ツボツボ予習会&懇親会でした。


7年ぶりの海外、かつ、お勉強に行くので

カナダの開放的な空気に、勉強に集中できるか…(^^;)))

とはいうものの、予習会で扱うツボの奥深さを垣間見て、ちょっと気持ちが引き締まりました。


音叉とツボの関係。

周波数という目に見えない世界が、

この肉体や精神に与えるもの。

この壮大なツールに関わったからこそ、

お会いできた方達。


この貴重なカナダ研修、目一杯知識と体験を持ち帰ろう❗️と、心に決めたのでした。


そして、桜新町で有名だという「タケノとおはぎ」

隣駅にすんでいて、初めて知りました…f(^^;


すぐに売り切れてしまうというレアもの🎵

美味しくいただきました❤️


ですが…、なぜだか不思議。

子供の時に、祖母や母が家で作ってくれたおはぎの味によく似てました。

(昔はおはぎは家で作るものでした)


ちょっと塩の存在感がある、小豆のざらつきのある、程よい甘味のあんこ。


うちでおはぎを作ろうって思いました。

桜新町の有名なおはぎ。知らなかった…。
桜新町の有名なおはぎ。知らなかった…。

さて、久しぶりに(^o^;)音叉のお話。


最近、先日膝下のアロマ音叉トリートメントをさせていただいた時のこと。


その方はお肌が敏感なので、トリートメントはごくごく優しいタッチのみ。

そのため表面的なところしか触れることはできません。

足の皮膚感覚が「靴下を何枚も重ね履きしている」ようだとのこと。

そのため、私が触れていても、わかりづらいところもあります。


ですが、音叉の振動は軽く当てているだけでも、骨伝導で「ブーン」と伝わります。

「すごく響きます!」と、足の感覚を感じていただけました。


当たり前のようですが、感覚が鈍くなっている状態で感じられるって、

ご本人にとってはとっても嬉しいことなんです。


勿論感覚を取り戻す為の施術ではなく、

あくまでもリラックスの為の施術をさせていただいておりますが、

そういう風に喜んでいただけるのは、私も嬉しいです。


指は体の奥には触れられませんが、

音叉の振動は、体の奥まで伝わります。

ご本人が感じる時もあれば、感じられないこともありますが、

音はすごい早さで体の中の水分に働きかけます。

「音の療法は、細胞のマッサージ」と表現されている方もいるほど。

写真はイメージです
写真はイメージです

そして、最後にとあるツボに音叉を当てて、

施術を終えました。


すると、

「今ね、ずっとあった痺れが一瞬ふわーっと、消えてなくなったのよ」

と。


勿論、ほどなく戻ってしまいましたが、

一瞬でも痺れがなくなったと、

笑ってくださった。


なんと

有り難い笑顔だろう。


私の手に届かないところでも、音叉は届く。


音叉がなにやらいいお仕事してくれたんだなぁと思いました。


いまだ不思議な相棒、音叉。


カナダでもっと仲良くなってきます。


最後までお読みいただき

ありがとうございます。


*******************

4月・5月は「マインドスッキリキャンペーン」やっています。詳細はこちら


耳ツボ音叉療法1day講座、随時開講しています。

詳細はこちら


動物さんのためのクリスタルヒーリング

モニター様募集中!

詳細はこちら

********************

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.