ヴァイブレーショナルレインドロップ

同行避難時に意外と足りなくなる○○

こんにちは!

朝は寒かったですが、良いお天気になりましたね🎵


冬になると恒例の「うもれくおん」が早々と登場。

寒いですねぇ🎵
寒いですねぇ🎵

毎年この時期は、砧公園で「動物フェスティバル」が開催されます。


普段なかなか動物に触れ合わない子供達が、

こうやって動物好きになってくれたら嬉しいなぁって思います。


そこに災害時の備えについてのブースがあったのですが、私が意外と知らなかったことをシェアしますね。


●災害時、案外足りなくなるのはコレ


世田谷区は災害時のペットとの「同行避難」は、基本的にOKの方針だそうです。


そしてこれまでの震災で、結構足りなくなるのはこれなんだそうです。

食器でした🎵
食器でした🎵

実際に、フードなどの物資は来ても、食器が足りなくなるのだそうです。


忘れてた!!

フードやお水は備蓄していても、うちは食器を入れてませんでした💦


そこで、会場ではこの食器を無料で配布してました。(↑写真のです)

避難時なので、コンパクトで軽いものが良いそうです。


もし食器にこだわりがあって食べないような子は、

同じ素材や同じ物を買っておくと、少しでも安心するのでいいかもしれません。


水が足りなくなるので洗えないから、ウェットティッシュなんかも一緒に必要ですね。

お住まいの自治体でパンフレットがあるのでご参考に❗
お住まいの自治体でパンフレットがあるのでご参考に❗

ご参考までに、パンフレットを参考にこちらにのせますね。


●ペットの為の防災用品


・フード&お水 (最低3日分、できれば5日分)

   *療法食を食べているコには、もっと多めに。

   *アレルギーのあるコは、検査結果と、療法食のパッケージを写メしておくとよい。


・常備薬

*薬の種類・用量が大事なので余分に&写メ必須❗


災害時はまず人間用優先です。動物の薬は人間用を使っているものが多いです。

そもそも、東日本大震災の時は工場そのものが被害を受けたため、薬の製造事態がストップし、長らく欠品が続いた薬がありました。

ですので、動物用に支給されるのはいつになるかわかりません。


  人間も同じですが、例えば「心臓の薬」といっても、ものすごく沢山の種類があります。

成分や薬用量も様々なので、色や形状だけで特定するのは不可能です。

動物さんのお薬手帳として控えを入れておく&写メで撮っておくとよいです。


・食器

避難時は軽いものがよい。食器にこだわりがあるコはいつもの食器と似たようなもの。


・トイレ用品

ペットシーツや、猫砂(簡易トイレがあるといいですね)、新聞紙や、ゴミ袋。


・健康の記録

既往歴や薬の記録、ワクチンなどの記録をコピーして入れておいたり、これも写メしておきましょう。


・写真

*家族みんなと動物の写真

これがあると、飼い主特定に役立ちます。

写メにも保存しておきましょう。


・首輪(ハーネス)&リード

避難先でパニックになる可能性もあります。係留には、カラビナがあると便利です。


・ケージ&キャリーバック

震災時はケージが足りず、やむを得ず捕獲かごを代用していたそうです。

避難所は沢山の方がいるので、ケージでの時間が必ず来ます。

普段から、クレートトレーニング(クレートの中が安心するように、中で寝る等のトレーニング)をしておくことが大事ですね。

ケージで休める、キャリーバックに入っても大丈夫なようにしておくとよいです。


・おもちゃ、ガムテープなどなど。

その他、好きそうなタオルや敷物があると落ち着くかもしれませんね。


書いていて、「やってない(´Д`|||)」ことが沢山ありました。


私も、備えをもう一度見直します❗


最後までお読みいただきありがとうございます❗

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.