ヴァイブレーショナルレインドロップ

横浜ヒーリングマーケット出展

こんにちは!

台風一過、暑かったり寒かったりと、

頭と体が混乱しそうな気候で、ぐったりしている咲智子です。


台風のさなか、先日17日は

久しぶりに横浜ヒーリングマーケットに出展しました。


今回は、アロマ音叉仲間の清宮直子さんと一緒に出展しました。


いつも控えめ看板なので、

今回はこんなフザケタのぼりも作ってみました(笑)




いまだに『音叉』って何ですか?

と聞かれることが多いのですが、

今回は『音叉に興味があって』と、足を止めてくださる方がいらして、

じわじわと音叉や音の療法に興味を持つ方が増えているのを感じます。

直子さんがセッションしているとき、

受けてくださった方が、

『内臓の位置が戻る感じがする~🎵』

と、ご感想をシェアしてくださいました。


おお!

そんな感じがするんだ?!

と、やっている私達もびっくり❗


音叉の療法の難しいところは、

『人によって、感じる効果が全然違う』こと。


これはどのセラピーも同じかもしれませんが、

周波数を調律することで、

『その人の、一番パランスする部分に、まず調整がなされる』

と思っています。


なので、

一番に、肉体的に凝りが緩む方もいれば、

エネルギー的にすっきりする方もいたり、

ご感想いただいたように、内臓の位置が元に戻ることが必要だったり、

はたまた、感情の解放が一番必要だったり、

と、『こうなります!』と言えないところ。


ひとつだけ言えるとしたら、

体はリラックスする方向へ向かう、ということでしょうか。





耳ツボ音叉で悶絶中
耳ツボ音叉で悶絶中

耳ツボ音叉では、痛いところがいっぱいで、

悶絶してらっしゃいましたf(^_^;


セラピストさんほど、ご自身の体を労ってくださいね~。


ご来場の皆さま、

直子さん、ヒーマースタッフの皆さま、

本当にありがとうございました🎵


Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.