ヴァイブレーショナルレインドロップ

2016年

9月

09日

「クオンタムール」という名前

こんにちは。咲智子です。

いつもご訪問ありがとうございます。

 

クオンタムールも1周年を迎え、

スタートダッシュの9月ですが、

折しも水星逆行中。

ちょうどいい機会なので、

ふり返って、思うことや、これからの想い、

皆様にご提供できるものなどを

整理整頓していきます。

 

水星逆行はとかく悪く言われがちですが、

大体3か月に1度くらいくる、「振り返りの時期」と思えばいいのではないでしょうか?

 

そうそう、ロールプレイングゲームをする方ならわかる例えですが、

ついストーリーとスピードを追うことに集中して、

取りこぼしていた宝箱って、ありませんか?

あとのストーリーになって、「このアイテムってどこで手に入るんだっけ?」

「あ!あそこにあったんだ!」

と気づいて取りに戻る。

 

水星逆行って、そんな感じだと思うんです。

 

ストーリーは一時的に止まります。

アイテムがない!っていうアクシデントに見えます。

タイムロスです。

だけど、レベルが上がってる状態でとる宝箱って、楽勝だったりします。

ついでにやっておくと後が楽なサブイベントもやっちゃったり。

 

もう一度振り返ってみて、

見逃しいているものないですか?

クリアしてない課題はないですか?

取りこぼしないですか?

いらないもの、抱えてませんか?

そういう問いかけをしてくれているんだと思います。

 

何しろ水星は「中立」

ただお届けしていだけなのです。

 

で、本題。

 

よくご質問いただきます。

「クオンタムール」ってなんですか?

 

クオンタムタッチですか?→いいえ、クオンタムタッチはしてません。

 

「クオンタムール」は私が勝手に作った造語です。

 

<由来その1>

愛犬くおんの名前を入れたかったのです。

くおん=久遠

 

<由来その2>

人も動物も、生きとしいけるもののすべてが

光のつぶつぶの集合体ではないか、と思っています。

 

<由来その3>

その核は、結局のところ人間語で表現するとしたら「」だろうと思っています。

 

<由来その4>

私が持っているツール(音叉やアロマ、そのほか)で、

それらを輝かせるお手伝いをしたい、と思っています。

 

そういう由来で言葉を探していたら、

「クオンタム=量子」

あ!つぶつぶだ!(この認識は間違っている可能性大)

 

そして、クオンタムだといろんなところで名前がかぶっちゃうので、

何かつけたかった。

 

そんな時、ペット博かインターペットでもらったパンフレットの中に、

猫の爪とぎのパンフが。見てみると可愛い形をしていて、名前が「Amour」

 

Amour=フランス語で「愛」

 

くおん(久遠/quon)

+クオンタム(量子・つぶつぶ/quantum)

+Amour(アムール・愛)

クオンタムール(QUONTAMOUR)

 

この世のすべてのものが、「永遠の愛の粒」でできている

それが、クオンタムールの名前の由来です。

記事を書いていて、今思いました。

 

「輝いていない自分」なんてものは、ただの幻想

 

自分の目に「光」が見えていないだけ。

 

見ようとしていないだけ。

 

輝いてないから、もっと輝きたい。

 

輝いてない自分はダメなんだ。

 

そうじゃない。

 

すでに輝いているのだから、

 

そこにある、自分の光に気づくこと

 

自分が、自分の中の光に目を向けること

 

自分のうちに光があると

意識をすれば、

そこに「光」が存在し

生まれる

 

自分の光を意識して、

そこに、「光」を生み出すのだ。

 

まるで

自分錬金術、みたいですね。

 

お!キタ。

 

2016年のクオンタムールは

動物たち・植物たち・鉱物たち・モネラたち(もやしもん参照)と一緒になって

皆さんの「自分錬金術」をお手伝いします♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

クオンタムール 三宅咲智子

 

 

 

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.