ヴァイブレーショナルレインドロップ

2016年

5月

17日

らせんを描く長い長い旅~フィボナッチトリップ完結編~

こんばんは!咲智子です。

長い長いひとりごと。
フィボナッチ編、まとまりなく、今回で完結(苦笑)です!

猫のフィボナッチの写真は、カラパイアさんから引用しました。かわゆい(^^♪

この形、人の耳にも見えますね~。

 

さて、アトランティスに関すること、他にもつながってました。

 

先日、オラクルカードのお話しをアロマ音叉仲間と話していた時に、

どんなカードを持っているか、見せてもらっていたのですが、

その中に「アトランティスカード」というのを発見!!!

ここにもアトランティスが!

早速どんなものか調べてみると・・・。

 

とある一枚のカードに、視線が釘付け。

その絵が、どこかで見たことがあるからです。

二人の人が、向かい合って、手を取り合っている絵。

↓これです。

これ、アトランティスのカードだったんだ。
しかも、絵の下!!!!
フィボナッチらしき形が!!!!!

 

そして、この絵をどこで見たのか、ふっと思い出しました。

この絵、先週の麻のワークショップで温熱ヒーリングを体験していた時に

見たビジョンだったのです。

それにしても「MARRIAGE」って?
単純に2極性の統合かなあ、なんて考えていたのですが、はて?

 

それはともかく。

なんと、ここで麻とアトランティスが繋がるとは・・・。

 

ん???

いやいや、ちょっと待って。

麻のワークの時に「麻のしずく」というスプレーを使うのですが、

これ、実はアトランティスの技術が使われてるんだそうです。

とっくに繋がってるし~。

 

そしてね、ワークショップ中でも、

「腸内細菌」とか「菌」とか、体内の細胞とかという話におよびました。

そして、新しいアロマ音叉セラピーを受けた時、

腸内細菌たちが「わーい(*´▽`*)」って、喜んで飛んでいる

イメージが浮かびました。

 

アロマ音叉と、アトランティスと、麻と、腸内細菌。

これから、もっとこのあたりが深まっていく予感。

フィボナッチでそれが浮上してきたのが、また面白い。

これからが楽しみだなあ(^^♪

余談ですが、

このブログを書いていて思い出されるのは、

ジブリ作品。

 

風の谷のナウシカでは、

「菌」「胞子」が登場してきてますよね。

吸い込むと死に至る危険なものでしたが、

ナウシカの研究で「菌」はきれいな水で育てれば毒を出さない、とか、

腐海が水をキレイにしてくれている、虫がそれを守っている。

そんなセリフがありましたね。

 

人を脅かす存在は、そもそも人が作り出し、

自然はそれをも受け入れて、浄化してくれている。

 

天空の城ラピュタでは、

「人は土から離れては生きてゆけないのよ」

シータのこのセリフ、魂が震えます。

ラピュタの城は、最後は大きな樹だけとなって、

飛行石と共に空に上がっていく。

まるで宇宙船のように。

(麻のワークショップで、この話が出てきました(笑))

 

そして、前のブログで私が書きましたが、

「生きろ!」のキャッチコピーのついていた「もののけ姫」

目に見えない存在が、動物の姿として描かれているのが印象的です。

あちらとこちら。

生と死、破壊と再生。

人と動物、自然。

残酷なように見えて、その自然のサイクルの中で、命を生きる。

 

千と千尋の神隠しでは、

「カオナシ」って、誰にでもある側面なんだなあと

思いました。

ないものを求めて、どんどん違うものを食らい尽くし、

更にないものを求めて暴走し、自滅していく。

人、ですね。

 

今更ながらに、すごい映画だなあと、思います。

 

そして、カオナシとつながるものが、

らせん階段の画像を探している時、この画像でした。

皆様ご存じ、サモトラケのニケ。

 

個人的には、ルーブルで見て、一番感動しました。

 

一番好きです。

 

顔もない、

腕もない、

だけど、

風を受けて立つその足と、

翼の力強さ。

 

ずーっと見ていたかった。

 

ニケから感じるのは、

「ないから」でもなく、

「なくても」でもなく

このまま、ただ、美しい。

 

それで、いい。

 

だから後世に、ニケの顔や腕がが発見されても、

それはそれでいいけど、あんまり嬉しくないかもです。

 

本当にこのままでいい。

 

それはまるで、人と同じ。

 

ないからといって、カオナシのように埋めることもない。

あるからといって、それが完璧なわけでもない。

 

そのまま「在る」ことが素晴らしい。

 

だから、怖がらなくていい。

その足で立ち、

その翼を広げて、

いきなさい。

 

フィボナッチのらせんが、

私をそんな旅に連れていってくれました。

 

音の効果って、すごいですね。

 

そして、それをすでに内包している

人って、すごい。

私たちって、こんなすごいものを内に持っているんですね。

この世界にびっくりです。

 

ああ、結局最後が一番長かった~。

長ーいブログ、これにて完結。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

感謝・感謝(^^♪

 

咲智子

 

 

 

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.