ヴァイブレーショナルレインドロップ

らせんを描く長い長い旅 ~フィボナッチトリップその1~

こんばんは!
今日も石屋さんでテンションが上がる~!

石LOVEが止まらないセラピスト咲智子です。

 

*今回のブログは、長いファンタジーな読み物と思っていただければ幸いです。

くおんの為のグリッド。石って素敵。
くおんの為のグリッド。石って素敵。

先日、アロマ音叉の師匠・佐藤マイアさんのところで、

新しいアロマ音叉療法のモニターとフィボナッチヒーリングを受けてきました。

マイア師匠の本格セッションを受けるのは、ピタゴラスぶりかもという久しぶりさ。

いつも師匠のセッションにはディープインパクトくらいの隕石落下な衝撃を受けるので、

楽しみにしつつも、ちょっとドキドキでした。

 

今回は、時系列がバラバラな点がどわーっと繋がっていく感じで、

「手放す」って、こういうこと!?という感覚が面白くて、

文章がまとまるかどうかが心配・・・。

とにかく、「音の療法ってすごいね」「人間ってすごいね」が伝わりますように!!!!

 

新しいアロマ音叉療法は、肉体のメンテナンスをさらに重視したメソッドなので、

とにかく気持ちよかったのです。

事前と事後のアンケートで、自分自身の「リラックス度」が各段に上がったのを感じました。

受ける前もリラックスはしていたのですけれど、

受けた後の最高にリラックスしているに、丸を付ける速度が違う。

これをリラックスしている状態と言わずになんというのか、という

文句なしのリラックス~でございました。

 

そして、肉体が「ほげ~」と放心状態のなかで受けるフィボナッチヒーリング。

フィボナッチの周波数の音叉を使うものなのですが、

最初は「面白い周波数だな~」なんて、余裕でおりました。

「今回は隕石落下はないな」

なんて、油断した私。

 

ふと、施術の所作から「人の体にらせんを描いているのだなあ」と思いました。

そこで、「ああ、人は一歩一歩らせん階段を上っているのだなあ・・・」と思い描いた時、

苦しかった思いが、どことなくじわじわと浮かび上がってきたのでした。

 

キーワードは「らせん階段」

美しすぎるルーブルのらせん階段
美しすぎるルーブルのらせん階段

実は、数年前に私が一番大変だった(と思っている)時期にも、

何度も同じところでつまずく自分に落ち込んでいたところ、

占星術の師匠がこうおっしゃいました。

 

「私たちは山を登っているのではなくて、らせん階段を登っているようなものかもしれませんね」

 

ぐるぐると同じようなところを回っているのか~と、

それを聞いてがっかりしたのですが、

そうではなくて、

 

「同じところで躓いているように感じても、高さが違うんですよ。

テーマは同じでも、居ることろは同じではない。

自分で決めてきたテーマを、ステージを上げながら、

何度も何度も磨いてゆくのかもしれません」

 

あの時のことは、もうとっくに乗り越えたつもりでした。

 

どんなに頑張っても、頑張っても、

思うような結果につながらない。

伝わらない。

どれほど自分が努力しても望む現実にはならない。

なんで?なぜ?

どうして?

多くを望んでいるわけじゃないのに?

だいそれた望みじゃなくて、普通の

みんなが持っているありふれた望みなのに?

なんで私だけその小さな望みもかなえられないの?

なんで私がこんな思いをするの?

 

自分の弱さを痛感しつつ、

抜け出したいのに抜け出せない、

そんな想いの苦しさをエンドレスループのように感じていて、

らせん階段とリンクさせていたのでしょう。

 

らせん階段を上がっていくあの時の「苦しかった」気持ちが、

少しずつあふれていきました。

まだ、残っていたんだねぇ・・・。

そうして、しばらくこの「苦しかった」をそのまま流していくことにしました。

 

少しずつ高い周波数に上がっていく音が、

肉体からどんどん頭の中へと、

そして頭の中から別のところへと浸透していきます。

それにつれて、この「苦しさ」は、
違う時間軸にシフトしていくようでした。

 

だいぶ長くなりそうなので、
本日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

感謝を込めて。

 

咲智子

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.