ヴァイブレーショナルレインドロップ

聖書バージョンのご感想をいただきました♪

こんにちは!

いつもご訪問ありがとうございます。

音とアロマで、人と動物のキラキラ地球LIFEをサポートします

アロマ音叉療法士 咲智子です。

ここ数日寒いので、WELCOMEくおんも爽やかすぎですね(苦笑)

あったかくおん、準備します。

 

さてさて、ヴァイブレーショナルレインドロップ 聖書のオイルバージョンを受けてくださったクライアントさまからご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます♪♪♪

3回目のヴァイブレーショナルレインドロップでしたが、途中で意識がとんでしまって

よく覚えていません。あっという間にも感じました。

足と背中をしっかりマッサージしてもらってとても気持ちよかったです。

今までより 力を抜いて、身を任せることができたかも。

寒い時期ということで ホットストーンをたくさん使っていただいたりと

心遣いがうれしかったです。

 

背中のつまりが すっと とれたようだったとおっしゃっていただいたのですが、

本当にそんな感じで 軽くてすっきりしました。

頭でごちゃごちゃ考えるより、直感で動くことが増えました。

 

いつもセッション前後に たっぷりと時間をとって話ができるので

とてもありがたいのですが、後で大丈夫だったのか心配になります(笑)

 

(E・Oさま 女性 聖書のオイルバージョン)

Oさま、うれしいご感想ありがとうございます!

 

Oさまにとっても楽しみにしていただいていた聖書のオイルバージョンでしたが、

私も聖書のオイルバージョンは三本の指に入るくらい好きなバージョンなのです。

人間がワクワクなのはもちろんですが、

セッション当日は、キロン(音叉)がやる気で大変でした(笑)

そして、聖書の12種類のオイル達は、妙に落ち着いている感じ。

普段は重厚な長老の雰囲気なのですが、この日はなんだか教会のシスターみたいな感じ。

女性的な雰囲気を醸し出していました。

 

音叉やオイルを擬人化してるなんて、不思議とお思いかもしれません。

施術者はもちろんですが、音叉とオイルという声なき相棒たち。

彼らは、私たち人間に常にエネルギーを与え、助けてくれるサポーターなのです。

お野菜のような食べ物と同じ。

そして、いつもそばにいてくれる動物たちも同じ。

それぞれが、その日のクライアントさまにとって一番必要な準備を整えてくれているのです。

本当に不思議です。

そして、ありがたいことです。

 

音叉がやる気ってどういうこと?

音叉は、アクティベーターというゴム製のもので叩いて使うのですが、

いわゆる「やる気」な時は、軽くたたいても、

「ぶーーーーーーーーん!!!!!」

って、すごく良く振動するし、音は澄んで響くのです。

同じようにやっていても、響かない時は響かない。

これまた不思議。

 

この日、Oさまにはキロンの周波数がとても必要だったと感じました。

 

キロンはヒーラーでもあり、

そして今とこれから行くべき道を繋いでくれる仲介者でもあり、

智慧を授けてくれる教師でもあり、

Oさまに必要な変化を後押ししてくれると思います。

 

それから、つい好きでクライアントさまとの話が長くなってしまうのが

クオンタムールあるある。

こちらは全く問題ございませんよ♪お気遣いいただきありがとうございます。

ですが、ご心配おかけして申し訳ございません(汗)

クライアントさまに要らぬご心配をおかけしないように、

お話も2016年はほどほどにいたします。

 

Oさま、本当にありがとうございます!

今年も、Oさまの軽やかな変化・変容を応援させていただきます!

 

感謝を込めて。

咲智子

 

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.