ヴァイブレーショナルレインドロップ

「そうならない」本当の理由~その2~

こんばんは!咲智子です。


さてさて前回の続き。(前回のブログはコチラ「そうならない-本当の理由-その1」)

私がなんでスプーンを曲げられなかったのか?

その理由は何だったのか?


皆さん、もうお分かりかと思います。


そうなんです。

私は、たぶん心の底では、「曲げたくない」と思っていたのです。(それがなぜかはのちほど)


そんな時、どうやったかというと・・・。
「私はスプーンを曲げました!」と3回大きな声で言います。

これで、私の中に「スプーン曲げました」が入りました。

そして、耳をぎゅーっを刺激してもらいながら(痛い)

しっかりスプーンを曲げると・・・。

おや!?
明らかに、スプーンがやや柔らかい感触。
ちょっとずつ曲がっていきます。

そこで、耳刺激アップ!
いやいや!!

スプーンどころじゃない!!!(涙)


「痛いーーーーーーーーーーーーーー!!!」


と叫ぶと、不思議なことに、叫んだところで一番柔らかく曲がっていきました。


←これが皆さんの作品でございます。
くるりんしちゃうのですよ。


そして、私が一番笑ったのは、
戻そうとしたら、超簡単に曲がった。

耳刺激なしでも、戻せた。


本当に、曲げたくなかったんだねえ・・・、私(笑)


曲げたくないの気持ちの中に、

スプーンを曲げるなんて、物を大事にしてない、行けないことだという概念なのか、

スプーンを曲げたら、スプーンのスプーンたる役目が果たせなくなる、かわいそうという思いなのか、

スプーン曲げ=特別な事=特別なことしちゃいけない、という変化への恐れなのか、

どれなのかはわかりません。

おそらくどれもなんだと思います。


よーく、わかりました。


現実が思うようにならない時、たいていの場合

「そうなりたい!」と言いながら、

「そうしたくない!」自分が、ちゃんといるのです。


これ、気づくと結構自分でショック受けます・・・。

だめじゃん、自分・・・って。


厄介なことに、そうしたくない自分には、とても気付きにくいところにいる。見ないようにしているのかもしれません。


「私はそうなりたいと本気で思っていて、そのためにとっても大変な思いをしているのに、現実化しないのは、実は私が望んでないなんて、責任転嫁じゃないの?」

そんな風に思うかたもいらっしゃるかもしれません。


そのお気持ちわかります。

だって、私だってそうですから。

スプーン曲げたいって思ってたもん!曲がらないのは、これが私には当てはまらないからだ、皆ができるわけないんだ!なんて思ったりして。


でも、痛くてそんなこと吹っ飛んだ時や、スプーンとして機能するところまで戻そうとしたら、簡単に曲がっちゃった。


人のこころ、想い、「意志」とは、それほどまでに強いものなんだな、と気づかされました。


いかにして、「実はそうしたくない自分」に気付く、もしくは

それを望みながら、その裏に望みを拒否する自分」を受け入れられるのか。


次は、そこをちょっと考えてみたいと思います。


耳つぼ、深いですね~。

そんな音叉de耳つぼ」は、もちろんクオンタムールでご提供しています。

耳つぼフルセッションでも、VRTにオプションでもつけられます。

ご興味が湧いたかたはどうぞ、こちらのメニューをご覧くださいね。

9月6日(日)水道橋での東京ヒーリングマーケットにて、ミニ耳つぼ体験していただけますよ。

東京ヒーリングマーケット ご案内・地図

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。
咲智子でした。





Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.