ヴァイブレーショナルレインドロップ

視点が変わる

こんばんは!咲智子です。


今日は調布と、二子玉川、高津での花火大会でしたね。

3つが重なると、さすがに迫力なんだろうな~と想いを馳せてみる・・・。


花火って、ものすごい火のパワーと、音の迫力ですよね。

先日、東京湾の花火大会の日、

どう考えても距離があるし、聴こえないはずなのに、

ドーン、ドーンと、花火の音が聞こえてきました。

近くで聞くと、身体の奥に響くあの振動。

なんだか、身体に溜まったものを、ドーン!と散らしてくれるような気がしています。

そして、毎年見慣れているはずなのに、毎回感動してしまうのですよね・・・

そして気持ちが明るく、楽しくなってきます。

花火もまた、日本人に産まれてよかったな、と思うことの一つです。


さて、先日音叉後の体験で、面白い体験談を伺ったのです。


越谷でコラボセッションを受けてくださったYさま。

すこし前から、お肌に突然原因不明の痒みがあらわれはじめ、あっという間に足に広がっていました。

お医者様にも行ってもわからず、調べてもわからず・・・。

なんかのきっかけになればと、コラボセッションをうけてくださいました。

不思議とその方のセッションの時だけ、時間がものすごく長く感じられるのです。

もう時間だなーと思うと、まだ時間があった。

もう少しやってみると、あれ?時間があまり進んでない・・・。

こういう時は、この方にもっと必要なんだな、と思って

必要な場所を探します。

時間の速度は、同じはずなのに、時々クライアントさまによって時間感覚がずれることがよくあります。

不思議です。


何となく、この皮膚の感じ・・・。どうも骨に関係してるのかなあ、という感じがしました。

終わった後、骨のメタファーや、特に親御さんとのことなどをお話させていただきました。

そうすると、思い当たるフシはある、とのこと。

一日でも早く、痒みやお肌が良くなることを願って、セッションを終えました。


1か月ほどして、再び越谷にお邪魔すると、Y様も来てくださっていて、

「音叉のおかげで、原因がわかったんです!」

と。

えぇ!そんなに早く!?すごい。

「それで、原因はなんだったのですか?」と伺うと・・・。


何と!

「虫」

でした。


・・・え???

全然リーディングと違ってるじゃーん(汗)

全然音叉関係ない!?!?


でも、Y様はこうおっしゃいました。

『今までその虫を何度も見たことがあったのに、その虫だと思わなかった。

だけど、コラボセッション受けてから、その日の夜に虫を見た。

そうしたら、「あれ・・・?この虫なんだろう・・・」と、すごく気になった。

そして調べてみたら、人の血を吸う虫だったことが判明しました。

音叉のお話会の時に、ふっと視点や、考え方が変わることがあると言っていたし、

おかしいな、と気づけたから、原因がわかったんです!』


有難きお言葉・・・。

元々、とっても素直で明るい性格のYさま。

ご本人がとても受け取り上手でいらっしゃるのが、原因発覚のポイントだったのかな、と思っています。


しかし、確かに、音叉によって、フッと視点が変わることがあります。

それによって、今まで思い悩む必要がなかったことなどに、ようやく気付ける。

もしかしたら、脳や細胞一つ一つに抱え込んだ一つのパターンを

自然にくるっと、本来の視点でものが見られるようになるのかもしれません。


とにもかくにも、Yさまを苦しめていた症状の原因がわかる、ということだけで、

対処の使用も、またわかってくるのです。


「視点が変わる」

ということは、そんなに大きな変化をもたらすのですね!

Yさま、シェアありがとうございました!!

これからももっと足の皮膚がきれいになることをお祈りしています。



Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.