ヴァイブレーショナルレインドロップ

神聖ソルフェジオ体験記①

こんばんは、咲智子です。

お久しぶりのブログ更新です(汗)

前々から、「神聖ソルフェジオバージョン」を少しずつ自分で体験してきて、そろそろメニューとして出そうか、と思っていましたが・・・。

 

ちゃんと、それぞれの実感、感想を発表してないことに気付き、ブログでそれを一つ一つ文字にしていこうと思います。

ということで、「ソルフェジオ体験記」にしました。

数えてみたら、11回くらい、ソルフェジオバージョンをやっていたのでした。

 

今、528Hzや、ソルフェジオ周波数が、Youtubeでも検索すればたくさんでてきますよね。

私も色々聴いてみましたが、なかには???というものもあったり・・・。

 

 

私は、惑星音叉も大好きなのですが、ソルフェジオの音叉たちも大好きなのです!!!

だから、ソルフェジオがただの流行だったり、大したことないとは思われたくないので、

ちゃんとお伝えしたいのです。自分の体験として。

半ば、ただの音叉好きの、ソルフェジオ愛による体験記、という感じです。

まずは、先日のソルフェジオ同好会(仮)による、交換セッション会では

「神聖ソルフェジオ アーススター(285Hz) 骨・関節バージョン」

をやりました。

ソルフェジオ同好会(勝手に命名)は、

今回は、梅ヶ丘のサロン「アトリエ フルール」のみどりさん、

中目黒のサロン「イナンナ」のめぐみちゃん、

三鷹のサロン「サロン アンジェリ」の梨紗ちゃんと開催でした。

 

ソルフェジオバージョンにも色々種類がありまして、まず10本の基本バージョンと、それぞれの音階別5本のバージョンがあります。

そこで、さらにオイルの組み合わせにより、器官別にもなる、という・・・。

 

つまり、基本10本×13のプロトコル=13通り、

5本バージョンは9×13=117通り

前に全部で108通りと計算しましたが、それ間違いでした(汗)

13+117+(惑星)12=142通り

そして、私はできませんが、ピタゴラスバージョンというのもあり、それも加えると・・・。

・・・全部コンプリートするのは長い道のりですが、いつか必ず。

 

アーススター」は、「地球エネルギーの場とバランスし、ガイアと統合する」という意味のバージョンです。

今の生活をしていると、つい「大地」「土」とのつながりを忘れそうになりますが、

私たち人間は、この肉体をもってこの地球に生きている以上、地球とのつながりを忘れては生きていけない、と思います。

なぜなら、肉体はこの地球から借りている、大事な借り物なのですから。

いつかはお返しするこのからだ、大事にしたいものですね。

 

アーススターは、この肉体に入る時のエネルギーを有したバージョン、という気がします。

魂があって、「よし!この肉体借りて生まれるぞ!」と決めて、

地球からの借り物の「肉体」という着ぐるみを着た時、

魂がマザーガイアと統合しする、その時のエネルギーが音となっているのではないか?と。

つまり、人として生まれて来る時のエネルギーの周波数かな、という気がしています。

 

そして、「骨・関節バージョン」は

人生の枠組みの課題、痛みに対する記憶の貯蔵庫、蓄積された抵抗のリリース、

アイデンティティーの確立、人生の目的地へ自分を運ぶ能力・・・、などなど。

 

まさに、地に足付けて、自分で人生の目的地へと自分を運んでいきなさい、という感じがしますね。

 

セッションを受けているときは、ほぼ即寝落ちでした・・・。

ゆっくりではなく、すとんと記憶がないのです。

足裏のヴァイタフレックスは、オイル1本目の記憶しかございません。

夢も見ず、はっと気が付いたら、「うつ伏せになってくださいねー」とお声がかかり・・・。

ここは、レポもなにもございません。(汗)

唯一これというのは、耳から調整された時の、音叉の響き方が、下から湧き上がってくるような重みと、力強さのある響きです。

地震の前の、「ドドドド・・・」という、低い振動や、間欠泉のふき上がる前の地鳴りによく似た響きだと感じました。

自分の内側から、ぐぅっと、何かが引き出されいてくようなパワーです。

 

そして、うつ伏せになってから、

・・・これも、施術の記憶があまりないというか、夢と混同しているみたいで、

どれが現実で、夢なのか、さっぱりわからなかったのでした(泣)

 

不思議な体験をしました。

 

私がベットでうつ伏せになっています。それは肉体としても感覚はあるのですが、動けない。

そして、何度もベットが不安定に揺れ、ガタン、ガタンと何度もベットの脚が折れて

落ちるのです。

からだはベットにめり込むように沈んで動けない。

窓の外から、誰かが大声で叫んでいるのが聞こえる。何か言い争うような、訴えるような。

そして、突然、ベットごと後ろ(足の方)に引きずられ、

がーっと部屋5つ分くらい長く、細い廊下を、ベットごと引きずられていく。

どこまで、何のために連れていかれるのかわからないまま。

頭がやや下に傾き、感覚がゆがんでいて、少し気持ち悪くなりました。

そして、いつの間にか部屋に戻っていて、もうすぐセッションが終わる様子でした。

私の後ろにみどりさんの姿は感じていて、

梨紗ちゃんと、みどりさんが私の背中を見ながら、「寝てるね」と言っているのが聞こえました。

「起きてるよー!!!」

と思い、まず手をバタバタしようともがいていたら、一瞬すごい勢いで、肉体に戻ってきました。

しばらく、動けず・・・。

 

どうやら、身体から離れて、ちょっと旅に出ていたようです。

そして、隣のベットに寝ていたのは梨紗ちゃんでした。

そう、私が話しかけられたのは、現実的には梨紗ちゃんではありえないのです。

夢・・・?

 

VRTのセッション中、こんな不思議な体験は、結構良くあります。

これもきっと私の内側のものを、アーススターという音叉が引き出してくれたのでしょう。

この体験の内容も、良く読み解いてみたいと思います。

 

ということで、今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

感謝を込めて。

咲智子

 

 

 

 

 

 

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.