ヴァイブレーショナルレインドロップ

多分これに関しては日本一!

こんばんは☆

いつも頑張るあなたの疲れた身体を、アロマと音叉で優しく「調律」する

音祝ぎ(おとほぎ)セラピスト 咲智子です。


先日、VRTのアドバンス同期と交換セッションをしました♪


ヴァイブレーショナルレインドロップにはたくさんのバージョンがあり、

皆様にご提供するためには、まず自分で体感してみないことには始まりません。

オイルの組み合わせや、音叉の感触、自身の前後の変化。

これをもとに、メニューとしてよりよくご提供するにはどうしたらよいか?


ふと、そう考えて思ったことがあります。


ヴァイブレーショナルレインドロップに出会ってから、もうすぐ2年。

習得してから1年半。

施術の数は一番、ではありませんが、

交換セッションや練習会を通して、これまでVRTを受けてきた数は、一番ではなかろうか!?

VRTを体感している数は、日本で一番多いと思います。(自称)


ですので、

VRTで私がどれだけ変化があったのか。

このバージョンはどんな感じだったのか。

そのことについては、私の変化、体感をお伝えできることはたくさんあります。


一体どれだけヴァイブレーショナルレインドロップってバージョンあるの???

⇒これは、長くなるので、次回ご説明いたしますね。


ちなみに、当ルームでのメニューは⇒こちら


今回交換セッションしたのは、

ソルフェジオ(虹の音程バージョン)の肝臓バージョン。

(こちらはまだメニューには出しておりませんが、ご興味のある方はお問合せくださいませ)


アドバンスを受講しているとき、器官別プロトコルの肝臓バージョンでは、

正直、そんなに肉体的・精神的に変化がありませんでした。


肝臓は怒りの臓器、と言われています。

我慢していた怒りが、出るかしら?とウキウキしていたら、

さっぱり・・・。

肝臓バージョン、私には必要ないのかな、と思っていました。

(時々、猛烈に怒ることはありますが、平素はぼんやりしていてあまり怒らないので)


しかし、ある日むくむくと、

肝臓バージョンやりたいぞ!と思ってきたのです。

しかも、ソルフェジオ虹の音程のバージョンで!


なので、アドバンス同期のめぐちゃんと交換セッションお願いしました。


で、どうだったかというと。


出ましたよ。色々と・・・。

まずは、くさい。

えぇ、身体からくっさーいにおいがたくさん出ました。

(腸のガスではありませんので、あしからず)


セッションさせて頂く時も、

溜まっていて、解放されるエネルギーが、「匂い」として出てくることも、時にはあります。


仰向けで寝ている時に、自分の身体から汗臭いような、

なんとも、自分が臭いのです・・・。


通常の器官別プロトコルの肝臓バージョンでは、

主に肉体と感情、そこに溜まったエネルギーに働きかけることが多いですが、

ソルフェジオだと、感情と、身体の周りのエネルギー体と、そこに溜まったものに働きかける、というのが、私の実感です。

私のエネルギー体に、こんなに溜まってたのね・・・、と実感しました。


ちょっと不思議な話ですが、何となく、過去世っぽい記憶にもアクセスするような気がしました。

この世でご縁のある方は、きっとどこかの世でお世話になった方だろうと思っていますが、

VRTでご縁のある方、特に一緒に学んだ方たちは特別ご縁があるような気がしています。


そのシーンが、セッション中に頭の中に浮かんで、

申し訳ないような、後悔のような、何とも言えない気持ちになりました。


自分がその時なんなのかわかりませんし、

それが本当なのかどうか、自分の作ったドラマかもしれません。

わからないけれど、今ではない、無力感と罪悪感が、湧き上がってきました。

ちょっと苦しかったですけれど。


ソルフェジオの肝臓バージョンが、自分にとってそんな鍵だったとは・・・。

本当に不思議です。

セッション後、めぐちゃんにもものすごい罪悪感がでてきましたよー、と言われ、

納得。


その後、食事でのデトックスにいそしみ、

腸の調子も良くなりました。お腹がスッキリ♪♪♪


そして、後で肝臓バージョンの資料を見てみたら、

肝臓は「信念」の問題と密接なかかわりがあります。と・・・。

自分で思い当たるキーワード、メタファーとしては、


・具現化の実践

・家族との不和

・人生と向き合う勇気の欠如

・精神的・肉体的・感情的なプレッシャー

・肩こり


でした。

だから、肝臓バージョン受けたかったんだなーと、自分で納得。


こんな感じで、これ受けたいな!と思ったら受けてみると、

あ、そういうことだったのねー、と後になって気づくことが良くあります。


なので、メニューを見てピンと来たものがおありでしたら、

あなたの直感に従ってみるのもおススメです。


お問い合わせ・お申込みは⇒こちら♪


最後までお読みいただきありがとうございます。


咲智子



Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.