ヴァイブレーショナルレインドロップ

ヴァイブレーショナルレインドロップ(VRT)とは?

ヴァイブレーショナルレインドロップ(VRT)とは、

「レインドロップテクニック」という、アロマセラピーと、「音叉療法」が組み合わさった、新しいセラピーです。

ヴァイブレーショナルレインドロップを開発したのは、

アメリカの医師、クリスティ・ボンド・ギャレット女氏

彼女は統合医療の分野における医師として、20年近くの研究と経験を経て、この「ヴァイブレーショナルレインドロップ」を開発しました。

クリスティ医師は鍼灸師でもあります。ヴァイブレーショナルレインドロップは、エッセンシャルオイルだけではなく、ツボ・経絡といった東洋医学の要素や、ジェムストーン(いわゆるパワーストーン)も組み込まれている、リラクゼーションだけに留まらない、深い癒しのパワーを持ったセラピーです。

(ヴァイブレーショナルレインドロップ®・VRTは、医療行為ではございません。)


エッセンシャルオイルとは?

音叉とは?


「エッセンシャル」とは、「本質的な」「非常に重要な」「欠くことのできない」「精(エキス)」、という意味があります。

エッセンシャルオイルとは、芳香を放る揮発性の液体で、低木、花、樹木、根、灌木、種子などから蒸留されます。

エッセンシャルオイルは、植物のエキスが凝縮した芳香のある液体。それはまさに植物の命そのものです。

オイルの中には、80から300種類以上の異なった化学成分が含まれます。それらがすべて調和して、人間の中で様々な働きをしてくれます。芳香、塗布、飲用など、様々な用途があり、私たちをサポートしてくれます。

エッセンシャルオイルは、古代から治療や儀式にも使われており、聖書の記述にも多数載っています。

注目されてきたのは最近ですが、歴史を紐解くと非常に古くからある、古の叡智といえます。

クオンタムールでは、ヤングリヴィング社の製品を中心とした、高品質・セラピーグレードのエッセンシャルオイルを使用しています。


音叉は上の写真のような、金属製の二又の道具のことです。

音叉というと、音楽で調律に使うというイメージをお持ちの方が多いと思います。

「人の音の調律」

そんなイメージをお持ちいただくととてもわかりやすいと思います。

すべてのものは振動し、その振動の波が、それぞれ固有の「周波数」です。

私たちの体の細胞もそれぞれオリジナルの周波数をもっています。

本来あるべき周波数も、電磁波やストレスなど、様々な影響を受けて、少しずつずれていきます。

そのずれた周波数を、音叉から発せられる「純音」と共鳴させることで、調律していきます。

人の体は60%以上が水分です。

水は特に音と共鳴しやすいものです。

この音叉を体に直接、または体の周りで響かせることで、共鳴させ、本来のご自身のバランスを整えていく為に、音叉を使用します。

クオンタムールでは、米国アロマサウンズ社の、周波数が正確な良質の音叉を使用していますので、心地よい純音を体験していただけます。



ヴァイブレーショナルレインドロップ 動画

ヴァイブレーショナルレインドロップは、こんな風に施術していきます。


528Hzの不思議

私が所属する、(社)日本五感療法協会代表の佐藤亜伎子氏が講演された時の動画です。

この528Hzチャイムバーは、セッションの最初と最後に取り入れています。

画面の奥にご注目ください♪


次も528Hzチャイムバーの動画です。
実は、横たわっているのが、私です。

こんな風にして、セッションの際に、音による調整を行っています。

Copyright c 2014 Quontamour. All Rights Reserved.